イクオス

イクオスとチャップアップ

更新日:

イクオスとチャップアップの違い

違いを探る
イクオスとチャップアップでは、どちらがより育毛に効果を期待できるのでしょう?

まず主成分から比較してみます。

チャップアップは「M-034」を、イクオスは「アルガス-2」を配合。

M-034は、血管の拡張を促すことで血流の改善に効果があるとされています。血流改善によって細胞増殖を活発にし、毛髪の育成に働きかけます。

他方、アルガス-2は、M-034とペルベチアカナリクラタエキスをミックスしたもの。M-034だけを単独で配合するよりも、より育毛効果を発揮します。

いずれも海藻由来の成分ですが、主成分の効果についてはアルガス-2の方が優秀のようです。というわけで主成分での比較では、イクオスに軍配が上がります。

他の成分についてはどうでしょうか?

成分の数はイクオスが70種類、チャップアップが81種類。

チャップアップは血流改善に主眼を置き、一方イクオスは頭皮の糖化を強化していることが成分配合からうかがえます。

頭皮への浸透力についてはどうでしょう。

浸透力は育毛剤のキモといえます。いかに効果のある成分を配合していたところで、その成分が頭皮に浸透しなければ意味がありません。そして浸透をさまたげるのが頭皮の硬化、いわゆる糖化です。だからこそ育毛剤には、糖化の改善効果を期待したいところです。

チャップアップは、チンピエキス、ウメ果汁エキス、マロニエエキスで糖化対策を強化。これらの成分で頭皮を柔軟にして浸透力をサポートします。

一方、イクオスも糖化対策のための成分配合には万全を期しています。その上イクオスは低分子ナノ水も採用。この低分子ナノ水のおかげで、毛乳頭や毛包までダイレクトに成分が行き渡ります。細微な粒子によって、効果的な成分が無事に末端まで届くわけです。

ということで、成分比較でもイクオスが優勢といえます。

続いては使い心地。

育毛剤の容器は、スプレータイプ、ノズルタイプ、スポイトタイプが主流。

上記の中ではスプレータイプが特にオススメです。頭皮に直接接触しないので、衛生面からもベスト。イクオスとチャップアップは、いずれもスプレータイプのノズルスタイルです。

しかも、両者ともにジェットスプレーノズル。頭皮近くに勢い良く噴射できるので使い心地も優良。どちらも同じスプレータイプということで、使いやすさにおいては互角でしょう。

とはいえ、ノズルがどの方向を向いているか一目瞭然のイクオスの方が使い勝手が良いように思います。

以上の比較検討の結果、トータルで考えるとやはりイクオスの方がおすすめといえます。

イクオスとチャップアップについて

ライバル関係
通販専門の育毛剤をネットで調べていると、イクオスとチャップアップはまさにライバル的な関係にあることが分かります。

先に発売されたのはチャップアップの方ですが、イクオスもかなり追い上げており、知名度はどちらも同じくらい。

さらに以前はチャップアップだけに姉妹品のサプリメントが用意されていて、「ダブルで使うと効果が上がる」という口コミも目立ちました。

しかし今ではイクオスもサプリメントを発売し、その点でも互角になっています。

この2つを色々と比較するブログやサイトが花盛りですが、それらを比較すると現在ではイクオスが優勢のようです。

こういう形でライバルが存在するというのは消費者にとってはありがたいといえます。お互いに切磋琢磨していい製品を生み出そうとするので、いわば購入者は「漁夫の利」を得る立場となるからです。

これからも2社には良い意味で競ってもらい、さらに優れた育毛剤を生み出してもらいたいと思います。

-イクオス

Copyright© 『本当に効いた!イクオスの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.