未分類

イクオスのリニューアルについて

更新日:

新しいイクオスには3つの違いがある

新しいイクオスには3つの違いがある

1.毛髪ケア成分がそれまでの31種類から一気に61種類に

パッケージを見てもらえれば分かりますが、61種類がすべて書かれています。細かすぎて目がチカチカしますよ(笑)。

今の育毛剤にはとにかく成分を多く盛り込もうという傾向があるようです。

個人的には、配合成分を増やしすぎるのはどうかなと思っています。内容量は同じ120mlなのに成分数は2倍になっているわけですから、当然ひとつひとつの配合量は少なくなってしまいます。

それに配合成分が2倍になっても、それにあわせて効果が2倍になるわけではありません。ひとつひとつの成分が少なすぎて、効果が半減ということも考えられます。

2.ノズルがプッシュ式のジェットノズルへ

新しいイクオスはこれまでのスポイド系のノズルからプッシュ系のノズルに変わりました。

ピンポイントの噴射が可能となり、気になる部位への塗布がすごく楽です。この変更は高得点を差し上げたいと思います。

3.従来の成分である「M-034」が「Algas-2」という名前に変更

新しいイクオスには独自の調合によるAlgas-2(アルガス)という成分が加わりました。成分表には「海藻エキス」と表記されています。

これまで配合されていたM-034という昆布の汁に、保湿効果のあるペルベチアカナリクラタという海藻エキスを混ぜて作った成分ということです。

ペルベチアカナリクラタというのは耳馴染みのない物質ですが、化粧クリームには保湿成分としてよく使われているようです。保湿効果が高いことが分かります。

つまりAlgas-2というのは、これまでの昆布汁に海藻由来の保湿成分を混ぜ合わせたもの。成分の変更としてはそれほど大きなわけではありません。

イクオスのリニューアルについて

イクオスがリニューアルしました。リニューアル後の成分で最も気になるのが、独自の発毛促進成分です。2年もの歳月をかけてじっくり開発されただけあって、高い育毛効果を期待してしまいます。

120人が参加した臨床試験によると、この新成分が加わったことで93人が効果を実感したそうです。ミノキシジル、キャピキシルと比較しても、明らかに高い数字となっています。

この新成分ですが、「アルガス-2」と名付けられました。

「M-034」(チャップアップやブブカの配合成分として有名)に「ペルベチアカナリクラタエキス」をブレンドしてできたものです。「2つの海藻エキスを凝縮配合した新成分」とうたわれています。

アルガス-2はイクオス販売元である株式会社キーリーが独自で開発したもの。つまり他の育毛剤には使われていない成分です。今後、どこまで効果を発揮するか楽しみですね。

そのほかのリニューアルとして、ダイズエキスとクララエキスを新成分として追加しています。これらのエキスは5αリダクターゼの働きを抑止。5αリダクターゼは男性ホルモンであるテストステロンと結びついて薄毛の原因であるDHTを作り出すので、その働きを抑えることは毛髪対策に有効です。

また、クワエキスとシャクヤクエキスも新しく追加された成分。クワエキスは漢方薬でよく使われ、毛を健康に保ってくれます。シャクヤクエキスは頭皮の皮脂が過剰に分泌されるのを防ぎ、TGF-βの脱毛作用を抑えるのです。

ほかにもヒアルロン酸、コラーゲン、ドクダミ、カンゾウ葉エキス、ジオウ、シラカバ、ビタミンEといった多彩な成分が追加されています。

-未分類

Copyright© 『本当に効いた!イクオスの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.